コンクリートの調査・診断

「診断」は、構造物(部材)の調査・劣化原因(場合により劣化予測)・評価・判定を行います。そして「補修・補強」は、それを基に有効な対策工の提案を行います。

現場第一主義での診断

 コンクリート構造物の診断は、現地踏査(目視・打診調査・変状把握調査など)を基本として劣化位置図面、調査診断調書、報告書の作成を行います。また、診断の必要に応じて非破壊試験・探査(電磁波・超音波など)、コンクリート物性試験(圧縮強度・中性化・塩分含有量など)を組み合わせて適正な評価・判定を行います。

 1.非破壊調査・試験の例

hannma.JPG目視による外観調査・点検ハンマーによる打音調査
hibiware.JPGひび割れ調査・診断
CTS.JPGコンクリートテスタによる 強度推定
tannsa.JPGコンクリート中の 鉄筋・埋設物調査

 2.微破壊調査・試験

・コア抜き取りによる各種試験(圧縮強度測定・塩分含有量など)

koa-1.JPG   小径コア採取

koa-2.JPG   コア抜き状況

・フェノールフタレイン溶液による中性化深さ測定 
・その他各種調査・試験

補修・補強の目的と主な工法

ライフサイクルコストを考慮した補修・補強工法の提案と確かな施工技術

 補修・補強工法は、診断を基に品質・耐久性・経済性・安全性・環境などを比較検討して、施主のニーズを的確にとらえ有効性の高い工法を提案します。さらに、施工においては、豊富なコンクリート施工実績と橋梁維持工事で培った確かな施工技術を駆使して優れた製品をご提供いたします。

主な補修工法の種類

hosyuukou.GIF

主な補強工法の種類(土木)

dobokuhokyoukou.GIF

主な補強工法の種類(建築)

kenntikuhokyoukou.GIF

工 種 工 法 名 等
コンクリートひび割れ補修
注入工法
  自動低圧式樹脂注入(スクイズBar工法)
  自動低圧式樹脂注入(アサボンスクイズ工法)
エポキシおよびアクリル樹脂注入材
セメント系樹脂注入材
シール工法

コンクリート断面補修

左官工法
  ポリマーセメントモルタル(TSポリマーアラミド繊維入モルタル 他)
弾性モルタル(TSゴムモルタル)

ライニング・塗装工
エポキシ樹脂積層防食工法(アサボンコート工法)
UFセラトップ工法(アンダーフィックス)
 
構造物補強
水路構造物補強(TSC土圧対策補強工法)

鋼板接着補強工法
桁増設補強工
 
コンクリート表面処理
表面含浸工法
  シラン・シロキサン系(マジカルリペラー)
  ケイ酸塩系(TSシーラー)
  T&C防食工法
スケルトンはく落防災コーティング
 
防水・止水
湿潤硬化型ポリウレタン系止水剤(Eグラウト)
 
その他
トンネル内装塗装(視線誘導塗装)工(TSコートKT)
TSハガレンタイ
 

構造物の診断責任者(コンクリート診断士・一級構造物診断士)

aisatsu.JPG

羽賀義広

コンクリート診断士(登録番号 31401855)
一級構造物診断士(登録番号 第113-307号)