橋守について

あああ

橋守とは

 
橋を「愛情」と「責任感」をもって守る人
「愛情」とは、自分のものとして考えること
「責任感」とは、結果責任を感じ取れること

 

ああああ


 

橋守の登場(起源)

西暦900年ごろに詠われた橋守
 
ちはやぶる 
 宇治の橋守 なれおしぞ

    あわれに思ふ 年のへぬれば
(古今和歌集904)
 

 

橋守庵での勉強会

 橋守は、子育てに似ています。
 地元に架かる橋を自分の子と思い、どうしたらその橋が天寿を全うするかを考えることから始まります。義務感だけでは、橋守とは言えません。
 自分の愛用品、或いは我が子である橋の、健康寿命をいかに伸ばすかが重要です。
 
【キーワード】
 「予防保全による長寿命化」
 「地域の橋は、地域の橋守が守る」
 「橋を知り尽くす。質を高める。」


 

NPO橋守支援センターへ 

 
  
 
 
 
 

TOP | 橋守とは

Copyright Nakatunagumi,Inc. All Rights Reserved.