情報室

平成24年度地域建設業のあり方検討委員会現場視察

  平成24年10月3日

平成24年度建設業のあり方研究会現場視察.JPG

成蹊大学経済学部教授の井出多加子先生が座長となり、青森県建設産業のあり方を検討する委員会が開催されました。上北地域県民局の現場視察では、当社担当の上北地域県民局管内橋梁維持工事の大正橋が選定され、青森県アセットマネジメントによる長寿命化対策事例として説明紹介しました。